紀州の民間療法記(原文4)

紀州の民間療法記(原文)

  • 1 婦女の陰
  • 2 ニラ
  • 3 ツゲ
  • 4 ハコネシダ
  • 5 シーボルトミミズ
  • 6 キジの爪
  • 7 ウサギの手、モグラの手
  • 8 初なすび、スベリヒユ
  • 9 コンニャク
  • 10 モグラの手 追記
  • 11 菖蒲
  • 12 キンカン
  • 13 琴の一の緒、白いアヒル、黒いチャボ
  • 14 サルカキイバラのキクイムシ、蜂蜜
  • 15 コバンザメの吸盤
  • 16 蒔かずの稲の米
  • 17 ニワトリの頭
  • 18 イチジクの枝葉
  • 19 テリハノイバラの花
  • 20 尾長糞蛆の黒焼き
  • 21 病をきる
  • 22 梅酢
  • 23 蘆
  • 4 ハコネソウ(ハコネシダ)

     

     「おとなえそう」というものリウマチに神効ありとて、熊野辺を求め行く人多し。前年予那智におった時、二十里ばかり旅して求めに来た人があった。予諸処でその草を大切に蔵するのを見ると、 箱根草という羊歯に外ならぬ。『和漢三才図会』九二末に、「相伝えていう、よく産前産後の諸血症および痰飲を治す、と。往年オランダ人これを見て良き草ありと称し、請いてこれを採りえて、はなはだもって珍となせり」と。箱根で採ったから箱根草と言ったらしい。

    back next


    「紀州の民間療法記」は『南方熊楠全集 第2巻』(平凡社)に所収。

    Copyright © Mikumano Net. All Rights Reserved.