吉田兼好


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 吉田兼好(よしだ けんこう)

    吉田兼好(1283年〜1350年)。鎌倉時代から南北朝時代にかけての随筆家・歌人。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。

    後宇多院に北面の武士として仕えたが、上皇の死後、出家して兼好を名乗った。そのため兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれる。
    兼好が著した『徒然草』は日本三大随筆のひとつ(残りの2つは、清少納言の『枕草子』と鴨長明の『方丈記』)。

    勅撰和歌集には18首が納められている。

    卜部家は後の時代に吉田家、平野家などに分かれ、兼好は吉田家系であることから吉田兼好と通称されるようになった。



    吉田兼好

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳34)
    徒然草』を、羅山がいろいろと注して出処を示したのを塙保己一が聞いて、じつは兼好はそれほど物は知らなかったはずじゃといったとか。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano