菊池大麓


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 菊池大麓(きくち だいろく)

     菊池大麓(1855〜1917)。明治・大正期の数学者、政治家。

     イギリスに留学、ケンブリッジ大学で数学と物理学を学び学位を取得。帰国後、東京帝国大学理学部教授となり、近代数学を初めて日本にもたらしました。

     東京帝国大学総長、学習院院長、京都帝国大学総長、理化学研究所初代所長などを歴任。文部大臣なども務めました。



    菊池大麓

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳15)
    菊池大麓男爵は、小生が毎度英国の『ネイチャー』、東京の『東洋学芸雑誌』へ寄書するのを読んで、はなはだ小生を誉められたと下村宏氏に徳川頼倫侯が話されたと聞く。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本