スウィングル


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • スウィングル(Swingle, Walter Tennyson)

    ウォルター・T・スウィングル(1871〜1952)。米国の農学者。米国農務省に勤務。
    柑橘属の分類研究の世界的権威。

    南方熊楠(1867〜1941)とは文通を通じて親しくなり、1909年には熊楠を渡米を要請。しかし、熊楠は家庭の事情により固辞。この渡米要請のことが新聞に報じられ、熊楠の国内での評価が高まりました。

    1915年5月にウォルター・T・スウィングルは来日して田中長三郎(1885〜1976)とともに南方南方邸まで訪れて熊楠(1867〜1941)渡米を要請しましたが、またも熊楠は固辞。代わりに田中長三郎が米国に行くこととなりました。



    スウィングル

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳4)
    所集の植物は今もある。大正4年に 米国植物興産局主任スウィングル氏が田辺に来て一覧した。この人も、ちょうどその頃フロリダにいたのだ。小生の所集には今も米国人の手に入らないものが多く、いまだ学会に知られないものもある。

    南方熊楠の随筆:十二支考 馬に関する民俗と伝説(その7)
    第一図[#図省略]に示すはこれらに近縁あるポリサックム属の二種、いずれも田辺で採った。瞥見ちょっとめにはこれも馬の糞生写いきうつしな菌である。今までおよそ二十種ばかり記載された事と思うが、予が知り及んだところ濠州にいと多種あり、三十年ほど前欧州に四種、米国に二種、そのフロリダ州では予が初めて見出したらしく、今もその品を蔵し先年来訪されたスウィングル氏にも見せた。

    南方熊楠の随筆:十二支考 馬に関する民俗と伝説(その7)
    さてこの菌は、米国植物興産局の当事者たるスウィングル氏(予と同時にフロリダにあって研究した人)も近年予に聞くまで気付かなんだらしいが、予は三十年前から気が付きおり、染料として効果著しきもので、貧民どもに教えて、見るに随って集め蓄えしめたら大いに生産の一助となる事と思う。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本