清少納言


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 清少納言(せい しょうなごん)

    清少納言(966年?〜1025年?)。平安時代の女流作家、歌人。
    清少納言が著した『枕草子』は日本三大随筆(残りの2つは、鴨長明の『方丈記』と吉田兼好の『徒然草』 ) 。



    清少納言

    南方熊楠の随筆:きのふけふの草花
    清少納言が、なでしこ、唐のは更なり大和もいとをかしといふた通り、ナデシコは野山に自生多いから大和撫子、石竹は支那から入たゆゑカラナデシコといふ。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano