織田信長


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 織田信長(おだ のぶなが)

    織田信長(1534年〜1582年)。戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
    天下統一を目前としながら、家臣の明智光秀の謀反により京都・本能寺において自害して果てました。



    織田信長

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳9)
    普通には船の丸の名を付けるのは征韓役1591年に九鬼嘉隆が作った日本丸を嚆矢とすると思う人が多い。しかし、それより先に1578年、信長九鬼の日本丸を見たことがあり、また1584年家康の清須丸と九鬼の日本丸と戦ったことが『武功雑記』に見える。しかしながら、1468年に成った『戊子入明記』を見ると、当時足利政府から支那に送った船には10艘までみな丸という号を付けている。これらのことはその後、何の書にも見えているが、小生がこれを明言するまでは知らない人が多かった。

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳19)
    しかしながら知らぬが仏というほどのことで、今はその果が回り来て、用心しないと、仏国のゼシュイト徒が昨今あうようなひどい目にあうことになるのだ。信長公が叡山を焼いたのと同様のもっともなことである。

    南方熊楠の随筆:十二支考 馬に関する民俗と伝説(その7)
    織田右馬助おだうまのすけ人のまいないを再三取った時信長が「銭ぐつわはめられたるか右馬助、人畜生とこれをふらむ」と詠み送った。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano