河鍋暁斎


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)

    河鍋暁斎(1831年〜1889年)。幕末から明治にかけて活躍した絵師。
    多くの戯画や風刺画を残しています。



    河鍋暁斎

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳2)
    さる大正9年、むかし小生がロンドンにあった日の旧知、土宜法竜師は高野山の座主であり、しばしば招かれたため、今年の勧業博覧会で一等賞金印を得た当地の画家、川島草堂(この人は橋の上で炭の屑を使って画を独習して育った人である。久○大宮も7年ほど前に和歌山望海楼に召して席上で画を描かせご覧になった。小生むかし南ケンシントン美術館に雇われ、河鍋暁斎の画稿を多く調べたことがある。他の画のことは知らないが、狂画の腕はこの人のが暁斎の次と存じます)と同伴して金剛峰寺へ30余年ぶりに尋ねました。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano