畔田翠山


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 畔田翠山(くろだ すいざん)

    畔田翠山(1792年〜1859年)。
    江戸後期の和歌山藩の本草学者・博物学者・藩医。本名は源伴存(みなもと ともあり)。畔田翠山は号。著書に『熊野物産初誌』『和州吉野郡群山記』『水族志』など。
    安政6年(1859年)に熊野地方での採集調査中に倒れて客死し、本宮(現和歌山県田辺市本宮町本宮)にて葬られた。



    畔田翠山

    南方熊楠の随筆:紀州俗伝(口語訳7-4)はえ
    畔田翠山の『水族志』に「あかもと」「あかむつ」など方言を種々挙げて白ばえのオスであるとあるのは別物であろうか。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano