アレキサンダー大王


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • アレキサンダー大王

    アレクサンドロス3世(紀元前356〜 紀元前323年、在位紀元前336年 - 紀元前323年)。
    アルゲアデス朝のマケドニア王、コリント同盟の盟主、エジプトのファラオを兼ねた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。



    アレキサンダー大王

    南方熊楠の日記:南方二書(口語訳23)
    イスラム教国では、偉大な跡はことごとく、回祖ムハンマドやアレキサンダー王に帰し、日本でも、大力の跡は弁慶、風景の所は金岡、霊験の跡は役小角弘法大師に帰するのが習いだが、このような1人1人に関する古跡は実証があるのでなければ、それほどまで大騒ぎをして保存する必要なないと思う。

    南方熊楠の随筆:十二支考 鼠に関する民俗と信念(その9)
    槌は只今藁を打ったり土を砕いたり専ら農工の具で、大高源吾が吉良(きら)邸の門を破ったり、弁慶が七つ道具に備えたりくらいは芝居で見及ぶが、専用の武器とは見えず。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano