古今要覧稿


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 古今要覧稿(ここんようらんこう)

    『古今要覧稿』は、幕命により屋代弘賢(1758年〜1841年)が中心になって編纂した江戸後期の類書(百科事典のようなもの)。560巻。弘賢病没のため未完に終わる。



    古今要覧稿

    南方熊楠の随筆:山の神に就いて(口語訳)
    本邦に昔、草合わせの遊びがあったことは『古今要覧稿』などに見え、我らの幼ないとき、熊野の串本辺りの子供もこれをした。すなわち支那でいう闘草だ。

    南方熊楠の随筆:千里眼(口語訳2)
    たとえば、ナギランという蘭は、『草木図説』に南紀に産すと見え、『古今要覧稿』には鎌倉に多いと言い、小野蘭山の『採薬志』にも熊野太地浦の向島で取れるとある。以前はずいぶん多かった物と見えるが、取り尽くしたのであろうか、近ごろはその天然産を見たことなく、牧野富太郎氏がこれを記載した時も、培養品のみに拠ったようである。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano