尾佐竹猛


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 尾佐竹猛(おさ たけたけき)

    尾佐竹猛(1880〜1946)。日本の法学者。大審院判事。
    福井地裁、東京控訴院・名古屋控訴院の判事を勤め、 大審院判事に。



    尾佐竹猛

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳29)
    当時県庁から役人を派遣して説論させ、また県知事みずから長文の論書を出したことなどは(知事も学務課長も)法学士にしてははなはだ不穿鑿なことで、1年後に東京で控訴院判事尾佐竹猛氏に聞いたが、家と家との間には必ず3尺の空間を空けおかなければならないと明文があり、またこれを犯した者を訴えて改築させることをできれば、損害賠償を取ることもできるとのこと。

    南方熊楠の随筆:十二支考 蛇に関する民俗と伝説(その14)
    『郷土研究』四巻二九六頁、尾佐竹猛氏、伊豆新島にいじまの話に、正月二十四日は、大島の泉津村利島としま神津島とともに日忌ひいみで、この日海難坊(またカンナンボウシ)が来るといい、夜は門戸を閉じ、ひいらぎまたトベラの枝を入口に挿し、その上にざるかぶせ、一切外をのぞかず物音せず、外の見えぬようにして夜明けを待つ。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano