森鴎外


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 森鴎外(もり おうがい)

    森鴎外(1862年〜1922年)。本名、森林太郎。明治・大正期の小説家、陸軍軍人。
    陸軍軍医総監、陸軍省医務局長、帝室博物館総長、帝国美術院長などを歴任。

    森鴎外は脚気に麦飯が効用あることを認めず、日露戦争で陸軍の3万名近い兵士を脚気で無駄死にさせました。

    著作に『舞姫』『青年』『ヰタ・セクスアリス』『雁』『阿部一族』『山椒大夫』『高瀬舟』など。『ヰタ・セクスアリス』は発禁に。



    森鴎外

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳19)
    かつて森鴎外か誰かが『大阪毎日』か何かへ一文を出したのに対し、社内の誰かが鴎外の件の文は取るに足らないという意味の、反論でなく嫌味を述べたことがある。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano