後陽成天皇


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 後陽成天皇(ごようぜいてんのう)

    後陽成天皇(元亀2年〜元和3年、1571年〜1617年)。
    豊臣政権の時代から江戸時代初期にかけて在位した第107代天皇(在位:天正14年〜慶長16年、1586年〜1611年)。
    自著に『源氏物語聞書』『伊勢物語愚案抄』など。



    後陽成天皇

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳3)
    戦国の世にはこんなことがあって天下に名高く故事となっていて、その故事を引いてまた同じことを行なったものもあったのだ。我が国でこれに似た例は、後陽成天皇の御若姿を関白秀次が隙をうかがい狙って、それが罰に当って秀次は横死したという説があり、いかがなことであろうか。

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳3)
    やや後でも近衛信尋公(じつは後陽成天皇の第4子)は若姿がことに艶やかでいらっしゃったので、福島正則伊達政宗藤堂高虎らがたびたび茶湯などに託して行き通ったという。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano