房玄齢


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 房玄齢(ぼうげんれい)

    房玄齢(578年〜648年)。中国唐代の政治家・歴史家。字は喬。
    後世に中国史上最高の名君と評された唐朝の第2代皇帝太宗を支えた唐代最高の政治家のひとり。
    正史編纂にも関わり、『北斉書』『梁書』『陳書』『隋書』『周書』の編纂を総監しました。



    房玄齢

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳31)
    小生がこのようなことを長々しく言うのは、支那の名臣房玄齢戚継光、我が国の勇将福島正則すらも嫉妬深い女、気性の強い女にはかなわなかったように見える。これらはその内実、夫の方にやましいことがあったので、じつは梅毒を伝えたのがいたと存じ申す。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本