ビスマルク


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • オットー・フォン・ビスマルク(Bismarck, Otto von)

    オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815年〜1898年)。
    プロイセン王国の宰相 (在任期間:1862年〜1890年)、ドイツ帝国初代宰相(在任期間:1871年〜1890年)。

    プロイセン王ヴィルヘルム1世の右腕としてドイツ統一を目指して鉄血政策を推進し(鉄は大砲、血は兵隊)、「鉄血宰相」の異名をとりました。
    1871年にヴィルヘルム1世をドイツ皇帝として戴冠させてドイツ帝国を成立させ、ドイツ統一を果たしました。



    ビスマルク

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳3)
    ビスマルクは、さしもの豪傑、強情一点張りの人であったが、老後、ドイツが英国に及ばないのは、紳士風がない一事であると嘆息した。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano