管子


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 管子(かんし)

    『管子』は、管仲(かんちゅう:中国の春秋時代の斉の政治家)が著したとされる法家の書物。



    管子

    南方熊楠の手紙:フィラデルフィアの顕微鏡(口語訳1)
    管子』にはは王宮前に鐘をかけ、免訴あるものにこれをたたかせた、とある。

    南方熊楠の随筆:十二支考 虎に関する史話と伝説民俗(その6)
    管子』に〈虎豹は獣の猛者なり、深林広沢の中に居る、すなわち人その威を畏れてこれを載す、虎豹その幽を去って而して人に近づくすなわち人これを得てその威をあなどる、故に曰く虎豹幽にって威載すべきなり〉。

    南方熊楠の随筆:十二支考 虎に関する史話と伝説民俗(その4)
    ローマ帝国の盛時虎を多くって闘わしめまた車をかせた例もある。今もジャワで虎や犀を闘わす由(ラッツェル『人類史』二)、『管子』に桀王の時女楽三万人虎を市に放ってその驚駭を見てたのしんだとあるから、支那にも古くから帝王が畜ったのだろう。


    南方熊楠の随筆:十二支考 虎に関する史話と伝説民俗(その7)
    管子』に桀王の時女楽三万人虎を市に放ってその驚駭を見てたのしんだとあるから、支那にも古くから帝王が畜ったのだろう。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano