1901年11月9日:南方熊楠日記(口語訳)

1901年11月9日

◇十一月九日 快晴

朝、淡路の船長と宿主に船を漕がせて勝浦に渡り、利助方に行くが、不在。予の計略で酢を作る桶店の障子を外し出す。利助が帰って来てしばらく談じて帰る。

午後、宿主の子と宿の前の山に登り、森浦を遠く見る。池の中で Docidium の甚だ美しいものを多く採る。また Calostoma 1種を採る。これまたすこぶる美しい。


メモ

Docidium は藻、Calostoma はキノコ。

back next


1901年の日記は『南方熊楠日記〈2〉』に所収

Copyright © Mikumano Net. All Rights Reserved.