爾雅


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 爾雅
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 爾雅(じが)

    爾雅は、中国最古の類語辞典・語釈辞典。
    前漢の武帝(在位期間、紀元前140年~前87年)の時代にはすでにあった。
    のちに十三経(儒家が重視する13の経書)の一つとなる。

    日本では、『爾雅』をモデルに、平安中期に源順が『和名類聚抄』を編纂した。江戸時代には、貝原好古が『和爾雅』を、新井白石が『東雅』(「東方の爾雅」の意)を作った。



    爾雅

    南方熊楠の手紙:山男について、神社合祀反対運動の開始、その他(口語訳5)
    爾雅』に「狒々は人のようだ。髪に被われ速く走り、人を食らう」とあり、たいていよく似ている。食らうとは、怒ればかみつくことだと理解すべきだろう。日本人でシンガポールなどの動物園でこれを見た人はみな、老婆のような熊を見たと語られます。野女などのことに似ている。

    南方熊楠の随筆:十二支考 虎に関する史話と伝説民俗(その3)
    爾雅』に虎の浅毛なるを※(「豸+苗」、第4水準2-89-6)さんみょう、白いのをかん[#「彪」の「彡」に代えて「甘」、12-15]、黒きをいく[#「彪」の「彡」に代えて「夂/黒の旧字」、12-15]、虎に似て五指のを※(「豸+區」、第4水準2-89-8)ちゅ、虎に似て真でないをひょう、虎に似て角あるを[#「厂+虎」、12-16]というと言って、むつかしい文字ばかりならべ居る。

    南方熊楠の随筆:十二支考 虎に関する史話と伝説民俗(その25)
    爾雅』註に拠れば※[#「豸+干」、57-9]は虎属らしい、

    南方熊楠の随筆:十二支考 蛇に関する民俗と伝説(その1)
    かく蛇を霊怪ふしぎ視したなるミヅチを、十二支のに当て略してミと呼んだは同じく十二支のをネズミの略ネ、ぼうを兎の略ウで呼ぶに等し。また『和名抄』にじゃ和名わみょう倍美へみふく和名わみょう波美はみとあれば蛇類の最も古い総称がミで、宣長の説にツチは尊称だそうだから、ミヅチは蛇の主の義ちょうど支那でうわばみを王蛇と呼ぶ(『爾雅』)と同例だろう。

    南方熊楠の随筆:十二支考 蛇に関する民俗と伝説(その2)
    本草綱目』には巨蟒きょぼう一名鱗蛇りんじゃと見えて、さきに書いたごとく大蛇様で四足ある大蜥蜴だが、〈蟒は蛇の最も大なるもの、故に王蛇という〉といい(『爾雅』註)、諸書特にその大きさを記して四足ありと言わぬを見れば、アジアの暖地に数種あるピゾン属の諸大蛇、また時にはその他諸蛇の甚だしく成長したのを総括した名らしい。

    南方熊楠の随筆:十二支考 馬に関する民俗と伝説(その8)
    バートンはアラビヤに馬に関する名目多いと述べたが、支那人も古くから随分馬に注意したは、『爾雅』を始め字書類を見て判る。前足皆白い馬を※(「馬+奚」、第4水準2-93-1)けい、後足皆白きを[#「栩のつくり+句」、354-8]、前右足白きは啓、前左足白きは[#「足へん+奇」、354-8]、後右足白きはじょう、後左足白きはしゅ[#「馬/廾」、354-8]などなかなか小むつかしく分別命名しある。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano