いそづたひ


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • いそづたひ

    『いそづたひ』は、江戸時代中期・後期の女流文学者で国学者の只野真葛の紀行文。宮城郡七ヶ浜を訪ね、土地の古老の話を聞き書きした作品。



    いそづたひ

    南方熊楠の随筆:本邦に於ける動物崇拝(口語訳20)
    只野真葛の『磯通太比(いそづたひ)』に、奥州の漁夫が2年続けて同一の亀を穫り、酒を多く飲ませ放ってやったが3年めにその亀が鸚鵡螺をひとつ背負って来て贈り、すぐに死に、その螺を宝としその亀を葬ったところ、官が命じて亀霊明神と号させた話がある






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本