只野真葛


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 只野真葛(ただの まくず)

    只野真葛(1763年〜1825年)は江戸時代中期・後期の女流文学者で国学者。
    随筆『むかしばなし』、紀行文『いそづたひ』、日記『みちのく日記』、評論『独考(ひとりかんがへ)』など著作多数。



    只野真葛

    南方熊楠の随筆:本邦に於ける動物崇拝(口語訳20)
    只野真葛の『磯通太比(いそづたひ)』に、奥州の漁夫が2年続けて同一の亀を穫り、酒を多く飲ませ放ってやったが3年めにその亀が鸚鵡螺をひとつ背負って来て贈り、すぐに死に、その螺を宝としその亀を葬ったところ、官が命じて亀霊明神と号させた話がある。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano