仏光国師語録


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 北窓瑣談(ほくそうさだん)

    江戸時代後期の医者、橘南谿(たちばな なんけい、1753年〜1805年)の随筆。



    北窓瑣談

    南方熊楠の手紙:南方二書(口語訳12)
    寛政7、8年ごろカラタチバナが大いに賞玩され、1本の価千金に及んだものがある。従来蘭や牡丹の名花は百金に及ぶものがあるけれど百金を出た例を聞かない、と『北窓瑣談』に見えている。hortorum の名をつけたのも、この栽培品によったのであろう。何にせよ、当県では少ないものである。。

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳7)

    一向徒には、わりあいにあまりに語ることができないほどのことがないのは、橘春暉の『北窓瑣談』にも、内に足るところがあるからである、といった。止水観とかなんとかは、じつは心の中で手淫するのと同一である。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano