1908年11月1日:南方熊楠日記(現代語訳)

 ※本ページは広告による収益を得ています。

1908年11月1日

◇11月1日[日] 快晴

[予定]浜へボレタスを取りに行くこと。

朝、近所の壁にてコプリヌス1種をとり、帰り飯を食ってまた出て、浜へ行き、昨夕取ったアガリクスを探したが、見つからなかった。公園より帰る。

午後、昨日取った菌を画く。今日、六本鳥居神楽神社の祭礼。午後に野田馬吉が来る。次に小川幸八が来る。今朝帰ったとのこと(木本へ行っていたのだ)。

夜、菌類整理、アービングのアルハンブラを読む。
 Irving, 'Dolf Heyliger', Storm Ship. 風に逆らって航行すること、田辺にて舟人が亡霊というものに似ている。

back next


1908年の日記は『南方熊楠日記 (3)』八坂書房 に所収

Copyright © Mikumano Net. All Rights Reserved.