神社覈録


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 神社覈録
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 神社覈録(じんじゃかくろく)

    『神社覈録』は、江戸時代末期の神官、鈴鹿連胤が著した神名帳の研究書。全75巻。天保7年(1836年)に起稿され、明治3年(1870年)に完成 。



    神社覈録

    南方熊楠の随筆:本邦に於ける動物崇拝(口語訳19)
    鈴鹿連胤の『神社覈録』を調べたところ、延喜式神名帳、加賀国加賀郡に野蛟神社が2ヶ所ある。ひとつは金山彦を祭り、ひとつは高皇産霊尊など3神を祭る。野蛟はノヅチと読むべしとある。また下総国に蛟□(※虫+罔※)神社があり、ミヅチと読む。水神罔象女を祭るとあることから考えると、加賀の2社は、原と野槌を祭っているのであって、野槌は蛇の属であったことは明らかだろう。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本