大菩薩峠


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 大菩薩峠(だいぼさつとうげ)

    『大菩薩峠』は、中里介山(1885年〜1944年)作の幕末を舞台にした長編時代小説。41巻、作者の死により未完に終わりました。



    大菩薩峠

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌 の生態,幻像,その他(口語訳15)
    平沢哲雄氏は、タゴールを連れて来朝させた三土忠造君の弟。もと和歌山県知事、今は衆議院議員と記憶する宮脇梅吉氏の妻の弟。この人は米国へ8歳のとき渡り、まるで欧米人のようである。『大菩薩峠』の駒井甚三郎そのままで、まことにおとなしい人である






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano