山の神に就いて(口語訳)


南方熊楠の随筆(口語訳)

  • 紀州俗伝
  • 山の神に就いて
  • 山神オコゼ魚を好むと云う事
  • ひだる神
  • 河童に就いて
  • 熊野の天狗談に就いて
  • 紀州の民間療法
  • 本邦に於ける動物崇拝
  • 山神の小便(口語訳)

     

     これは白井光太郎博士の近刊『植物妖異考』にも載せていないが、熊野で往々見る。樹皮が折れて垂れ下がったり藤葛が立ち枯れになったりしたのが、一面に白色で多少光沢があるようになる。遠くから望むと作り物の小さい滝のようなものだ。

    以前はこれを山の神の小便と称し、その辺に山の神が住むと心得たが、今は土地の人もこれは一種イボタに類した虫白蝋(ちゅうはくろう)と知って、那智村大字市野々で、ある人が採って来て座敷の敷居に塗りつけて、障子が快く動くと悦んでいるのを見た。


    「山神の小便」は『南方熊楠コレクション〈5〉森の思想』 (河出文庫)に所収




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano