雲根志


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 雲根志(うんこんし)

    江戸時代の奇石収集家木内石亭(1725年〜1808年)の著書。
    全国から集めた石を分類し、それぞれに挿絵を加えて解説。正編5巻、後編4巻、三編6巻。
    『雲根志』の雲根とは「石」を意味する中国の古語。空気中の水蒸気が冷たい石に触れることで水滴となることから、石は雲のもと(根)であると考えられました。



    雲根志

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌 の生態,幻像,その他(口語訳9)
    これを疑う人々に会う度に、その人々の読書だけして自らその境に入らないのを憐れみ笑うだけである(弄石で名高かった木内重暁の『雲根志』を見ると、夢に大津の高観音と思われる辺に来て、一骨董店に葡萄石をつり下げているのを見て、さっそく試しにそこに行ってみたところ、やはりみすぼらしい小店に夢の通りに石をつり下げてあったため、買うことができたなどということがある。これをでたらめとした人は、その人が木内氏ほどそのことに熱心でないか、または脳作用が異なっていることによる、と小生は思う






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano