真臘風土記


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 真臘風土記(しんろうふどき)

    真臘風土記(しんろうふどき)は、中国の元の周達観が著した真臘のクメール王朝後期の見聞録。
    周達観は元の成宗の命により1296年真臘へ赴き、1297年帰国。『真臘風土記』は帰国直後に書かれました。当時の風土、社会、文化、物産などが詳細に記されています。全1巻。

    現在もっとも入手しやすいのは、平凡社、東洋文庫の『真臘風土記―アンコール期のカンボジア』 全1巻。



    真臘風土記

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳37)
    それは元朝に真臘国へ使いに行った周達観の『真臘風土記』に出ている。そのころ前後の支那の諺に、朝鮮より礼なるはなく、琉球より醇なるはなく、倭奴より狡なるはなく、真臘より富めるはなし、と言った。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano