雪窓夜話


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 雪窓夜話(せつそうやわ)

    『雪窓夜話』は、江戸時代中期の鳥取藩士・上野忠親(うえの ただちか:1684年〜1755年)の著書。



    雪窓夜話

    南方熊楠の随筆:紀州の民間療法(口語訳2)
    「民族」二年二報では山崎麓氏が『雪窓夜話』『旅行集話』『金石譚』、種彦の小説『白縫譚』より、鉄を呑んだ大鯰や大鯉や雀が韭を食って鉄を出した例を引いている。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano