閑田耕筆


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 閑田耕筆
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • 閑田耕筆(かんでんこうひつ)

    『閑田耕筆』は、江戸後期の随筆。4巻。伴蒿蹊(ばんこうけい)著。



    閑田耕筆

    南方熊楠の随筆:鼠に関する民俗と信念(その16)


    閑田耕筆』三に、人は眼馴れた物を貴ばず、鶏や猫が世に少なかったら、その美麗で大用あるを賞し争う て高価で求むるだろうと言ったはもっともで、ロンドン市長が素寒(すかん)な 少年時代に猫ない土地へ猫を持ち渡り、インドの鼠金商主が、死鼠一疋から大富となった話も実際ありそうな事だ。さればボーモントおよびフレッチャーの『金 無い智者』にも不思議に好景気な人を指して、精魂が鼠か妖婆の加護を受くるでないかという辞(こ とば)がある。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano