ひとりね


南方熊楠の書庫

  • 今昔物語
  • 大和本草
  • 和漢三才図会
  • 山海経
  • 本草綱目
  • 文選
  • ネイチャー
  • ノーツ・アンド・クィアリーズ
  • ひとりね

    『ひとりね』は、江戸時代中期の文人画家の柳沢淇園(1704年〜1758年)によって書かれた自伝的随筆。



    ひとりね

    南方熊楠の随筆:紀州俗伝(口語訳6-1)早口言葉
    甲斐国の団子山の石はみな団子である。大師が通ったとき、1人の老女が団子を作っているのを見て、乞うたが与えず、怒って印を結び、団子を石に化したと、柳里恭の『ひとりね』に見える。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano