紀州俗伝(口語訳14-4)


紀州俗伝(口語訳)

  • 14-1 打出の小槌
  • 14-2 蟻の群れ
  • 14-3 アナグマが女に化けること
  • 14-4 猿神社
  • 14-5 馬を忌む稲荷神社
  • 14-6 紀州豊年米食わず
  • 14-7 猫が蟻を
  • 14-8 犬の脚
  • 14-9 盗人避けのまじない
  • 14-10 陰暦十月亥の月
  • 14-11 毒虫毒魚に刺された時
  • 15-1 紀州の七人塚
  • 15-2 血を吸わない蛭
  • 15-3 肉吸いという鬼

  • 14-4 猿神社

     

    日吉神社
    日吉神社 / み熊野ねっと

     西牟婁郡湊村字磯間は、万葉集に見えた磯間浦ということで、風景絶佳だ。猿神の古社があって今は日吉神社と号し、先年合祀されるところを予らが烈しく抗議して免れた。田辺の近所には長野村稲成村大字糸田と磯間の3所におのおの猿神社があって、長野村が陰暦の10月、糸田が11月、磯間が12月の某の申日祭礼をしたが、糸田長野村のは合祀させられ、磯間のも祭日を改めた。以前は旧師走の寒い夜中に神輿渡御があった。

    社の側に天然の橋のように高く2つの岩山の間にかかった岩のアーチがある。昔のこの辺りで人身御供を行ったと言い伝える。磯間の女は昔から専ら京都へ奉公に出たので、言語応対がすこぶる温雅だ。漁業と農桑を兼業し、総じて富有である。以前はこの猿神の祭りへ日高郡など遠方から農民がおびただしく参詣した。「さるまさる」と言って、猿を繁殖の獣として尊ぶのだそうな。

    back next


    「紀州俗伝」は『南方随筆』(沖積舎) に所収。




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano