紀州俗伝(口語訳10-4)


紀州俗伝(口語訳)

  • 9-1 人柱
  • 10-1 弘法大師と麦
  • 10-2 客を呼ぶまじない
  • 10-3 灯花
  • 10-4 料理屋のまじない
  • 10-5 褐色の瞳
  • 10-6 字を書いた紙で
  • 10-7 トンビとカラス
  • 10-8 神子浜の手毬唄
  • 10-9 手毬唄の続き(田辺)
  • 10-10 神子浜の手毬唄の最後
  • 10-11 和歌山,田辺の手毬唄
  • 10-12 葬儀と魚
  • 10-13 荒神様畑を焼く

  • 10-4 料理屋のまじない

     

     料理屋で煙管を指で舞わすのをはなはだ嫌い、密かに塩を撒いて清める。また客が長座するのをもう帰そうとするならば、箒を逆さに立て手拭いをかぶせ、それで去らないときは茶を供える。また障子の下から3番目のさんに煙管を掛ける。

    back next


    「紀州俗伝」は『南方随筆』(沖積舎) に所収。




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano