神社合祀に関する意見(口語訳5)


神社合祀に関する意見(口語訳)

  • 1 神社合祀令
  • 2 三重県における合祀の弊害
  • 3 神社合祀の強行
  • 4 熊野本宮の惨状
  • 5 新宮、那智
  • 6 熊野古道の惨状1
  • 7 熊野古道の惨状2
  • 8 神社合祀の悪結果1
  • 9 神社合祀の悪結果2
  • 10 神社合祀の悪結果3(前編)
  • 11 神社合祀の悪結果3(後編)
  • 12 神社合祀の悪結果4(前編)
  • 13 神社合祀の悪結果4(後編)
  • 14 神社合祀の悪結果5
  • 15 神社合祀の悪結果6(前編)
  • 16 神社合祀の悪結果6(後編)
  • 17 神社合祀の悪結果7(前編)
  • 18 神社合祀の悪結果7(後編)
  • 19 神社合祀の悪結果8(前編)
  • 20 神社合祀の悪結果8(後編)
  • 21 至極の秘密の儀法
  • 22 神社合祀中止を求む
  • 原文はこちら


    新宮、那智

    神倉神社
    神倉神社 / み熊野ねっと

     次に新宮には、ちょうど一昨年中村氏が議会へこのことを持ち出さぬ前にと、万事を打ち捨てて合祀を励行し、熊野の開祖 高倉下命(たかくらじのみこと)を祀った神倉社といって、火災あるごとに国史に特書し廃朝(※天皇が、服喪や天変地異などのために、朝務に臨まないこと※)を仰せ出でられた旧社を初め、新宮中の古社ことごとくを合祀し、社地、社殿を公売した。

    しまいには、鳥羽上皇に奉仕して熊野に来てそのままとどまった女官が開いた古尼寺をすら、神社と称して公売しようとするに至った。もっともどうかと思われるのは、皇祖神武天皇を古く奉祀せる渡御前(わたりごぜん)の社をも合祀し、その跡地である名高き滝を神官の私宅に取り込み、藪中のタケノコを売り、その収入を自分のものとすると聞く。

    ところで、この合祀に引き続き、この新宮の地より最多数すなわち六名の大逆徒を出し、その輩がいずれも合祀の最も強く行なわれた三重と和歌山県の生まれであるのは、官公吏が率先して破壊主義と悖逆(※はいぎゃく:正しい道などにそむくこと※)の例を実際に示したことによる、と悪評がしきりに立っている。大逆管野某女が獄中より出した手紙に、房州の某所にて石地蔵の頭を火炙りにしたのが面白かったとを記していることなどを合わせて考えるべきである。

     ことに苦々しいのは、只今裁判進行中の那智山事件で、那智の神官尾崎といって、元は新宮で郡書記であった者が、新宮の有力家と申し合わせて事実のない16万円借用の証文を偽造し、一昨年末に民有に帰した那智山の元国有林を伐採し尽して3万円の私酬を得ようと謀り、強制伐木執行に掛かる一刹那に検挙されたことで、このことがもし実行されていたならば那智の滝は水源が全く涸れ尽したにちがいない。

    この他に熊野参詣の街道にただ一つむかしの熊野の景色の一部分を留めている大瀬の国有林も、前年村民本宮に由緒ありと称する者に下げ戻された。2000ha余りの大樹林にて、その内に拾い子谷(ひらいこだに)といって、熊野の植物の模範品が多く生息する長さ80町(※1町は約109m※)という幽谷あり。これも全くの偽造文書を証拠として山林を下げ戻されたが、只今大阪から和歌山県に渉り未曽有の大獄検挙中である。

    これらはいずれも神社合祀の励行により人民がまた神威を畏れず、一郡吏一村役人の了見次第で、古神社神領はどうでもなる、神を畏れるのは野暮の骨頂である、われも人なり、郡村吏も人なり、いっそめいめいに悪事のありったけを尽そうではないかという根性が大いに起こって、なされた悪事だ。

    back next


    「神社合祀に関する意見」は『南方熊楠コレクション〈5〉森の思想』 (河出文庫)に所収




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano