兎に関する民俗と伝説(その9)


兎に関する民俗と伝説インデックス

  • その1
  • その2
  • その3
  • その4
  • その5
  • その6
  • その7
  • その8
  • その9
  • その10
  • (付)兎と亀の話その1
  • (付)兎と亀の話その2
  • (付)兎と亀の話その3

  • (その9)


    熊楠つつしんでかんがうるに、古エジプト人は日神ウンを兎頭人身とす、これ太陽あしたに天に昇るを兎の蹶起けっきするに比したんじゃ(バッジ『埃及諸神譜ゼ・ブック・オブ・ゼ・エジプシアンス』巻一)。兎を月気とのみ心得た東洋人には変な事だ。コックス説に古アリア人の神誌に、春季の太陽を紅また金色の卵と見立て、のちキリスト教興るに※(「二点しんにょう+台」、第3水準1-92-53)およびこれを復活の印相としたという。

    しからば古欧州にもエジプト同前日を兎と見立てた所もあって卵と見立てたのと合併して、只今復活節イースターにいわゆる兎の卵を贈りまた卵焼の兎菓子を作る事となったのであろう。けだし冬以来勢いかすかなりし太陽が春季に至ってまたさかんなるを表示したのだ。

    老友マクマイケル言いしはドイツでは村人この日兎を捕え殺して公宴を張る所多しと。大抵族霊トテムたる動物を忌んで食わぬが通則だが、南洋島民中に烏賊いかを族霊としてこれを食うをしとするのもある(『大英類典』第九版トテムの条)。ドイツ人がもと族霊たりし兎を殺し食うも同例で、タスマニア人が老親を絞殺して食いしごとく身内の肉を余所よその物に做了してしまうは惜しいという理由から出たのだろ。

    サウシの書(前出)に若いポルトガル人が群狼に襲われ樹上に登って害を免がれ後日の記念にその樹を伐り倒し株ばかり残して謝意をしるした。カーナーヴォン卿その株を由来を聴いて、英人なら謝恩のためこの樹を保存すべきに葡人はこれを伐った、所かわればしな異るも甚だし、以後ここの人がどんな難に遇うを見ても我は救わじ、救うて御礼に殺されちゃ詰まらぬと評したとある。

    先祖来護りくれた族霊を殺し食うてその祭を済ますドイツ人の所行これに同じ。しかし日本人も決して高くドイツ人を笑い得ず、予が報国の微衷もて永々ながなが紀州のこの田舎で非常の不便を忍び身命を賭して生物調査をし、十四年一日のごとく私財を蕩尽とうじんしてって居るに、上に述べた川村前知事ごとき渝誓ゆせいしてまで侮辱を加え来る者がすこぶる少なからぬからというて置く。

     民俗学者の説に諸国で穀を刈る時少々刈らずに残すはもと地を崇めしより起る。例せばドイツで穀母こくのはは大母おおはは麦新婦むぎのよめ燕麦新婦からすむぎのよめ、英国で収穫女王とりいれじょおう収穫貴婦人とりいれきふじんなど称し、刈り残したわらを獣形に作りもしくは獣の木像で飾る、これ穀精こくのせいを標すのでその獣形種々あるが、欧州諸邦に兎に作るが多い、その理由はフレザーの大著『金椏篇ゴルズン・バウ』に譲り、ここにはただこんな事があると述べるまでだ。グベルナチス説に月女神ルチナは兎を使い出産を守る。

    パウサニアスに月女神浪人都を立てんとする者に教え兎が逃げ込む林中に創立せしめたはなしを載す。インドにもクリアン・チャンド王狩りすると兎一疋林に入りて虎と化けた、「兎ほど侮りゃ虎ほど強い」という吉瑞と判じてその地にアルモウー城を建てたという。英国で少女が毎月朔日ついたち最初にものいうとて熟兎ラビットと高く呼べばその月中幸運をく、烟突えんとつの下から呼び上ぐれば効験最も著しくき贈品随って来るとか(一九〇九年発行『随筆問答雑誌ノーツ・エンド・キーリス』十輯十一巻)。

    古事記』に大国主おおくにぬしその兄弟に苦しめられた兎を救い吉報を得る事あり、これらは兎を吉祥とした例だが兎を悪兆とする例も多い。それは前述通りこの獣半男女また淫乱故とも、至って怯懦きょうだ故とも(アボット、上出)、またこれを族霊として尊ぶ民に凶事を知らさんとて現わるる故(ゴム、上出)ともいう。

    back next


    「兎に関する民俗と伝説」は『十二支考〈上〉』 (岩波文庫)に所収




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano