馬に関する民俗と伝説(その16)


馬に関する民俗と伝説インデックス

  • 伝説一
  • 伝説二
  • 名称
  • 種類
  • 性質
  • 心理
  • 民俗(1)
  • 民俗(2)
  • 民俗(3)
  • (付)白馬節会について

  • (伝説二6)



     予がこの菌を染料にと思い立ったは、フロリダで支那人の牛肉店に見世番を勤めていた時の事で、決して書籍でひと様の智慧ちえを借りたのでないが、万事について、書籍をたてに取る日本の学者が、自分の卑劣根性より法螺ほらなどと推量さるるも面白からぬから、その後知るに及んだ一八五七年版バークレイの『隠花植物学入門イントロダクション・ツー・クリプトガミク・ボタニー』三四五頁に、ポリサックムは黄色の染料を出しイタリアで多く用いらる。一八八三年四版グリフィスとヘンフレイの『顕微鏡学字彙ゼ・ミクログラフィク・ジクショナリー』六二三頁に、英国にただ一種いとまれに生ず、外国にはその一種を染料とすとあると述べ置く。

    ただし予が知るところ、邦産は三種にせよ三態にせよ、いずれもひとしく役に立つ。初夏から初冬まで海より遠からぬ丘陵また殊に沙浜すなはまに少なからず、注意せば随分多く集まる物と思う。黄土や無名異むみょういに似て見えるから鉄を含んだ物と判る。鉄をいったついでに今一つ国益になる事を教えつかわす。

     往年東牟婁郡の某々の村を通り、家々の様子を見ると何となく昔見た東国諸駅の妓家に似おった。因って聞き合すと、以前この二村の娘年頃になると皆特種の勤めを稼ぎ父兄をたすけ、遠近これをたたえて善くその勤めを成した娘を争いめとったが、維新以後その俗すたれ家のみ昔の構造のまま残るといった。古戦場を弔うような感想を生じてその一軒に入り、中食ちゅうじきを求め数多き一間に入って食いながら床間とこのまを見ると、鉄砂で黒く塗りいる。他の諸室をめぐるに皆同様なり。

    それから事に託して他の一、二家に入って見るとやはりかくのごとし。この砂は何地の砂かと聞いたが、ぼれおやじや婦女子ばかりで何だか分らず、こんな地へ遠国より古くかかる物を持ち来るはずなければ、必ずこの地に多く鉄砂を産する事と考えた。その後勝浦から海伝いに浜の宮まで川口を横ぎり歩いて海藻を調べたところ、下駄の跡が潮に ゆらるる鉄砂で黒く二の字を画く処あり。浜の宮には鉄砂の中へ稲を えたよう見えた田もあった。因ってかつて見た妓家どもの壁はもっぱらこの辺の鉄砂で塗られたものと断じた。

     予は鉱物学を廃して三十七年になり、くだんの海辺へは十四年も往かぬから右のほかに一辞を添ゆる事がならぬが、『和歌山県誌』など近く成った物に、一切紀州に鉄砂ある由を記さない。して見ると予ほどこの事を知った者が只今多からぬと疑う。鉄は金銀と異なり、わずかな分量では利得にならぬと聞いたが、頃日このごろ米国禁鉄となってから、一粒の鉄砂も麁末そまつにならぬような話を承る、ふとした事から多大の国益が拡がった例多ければ、妓家の黒壁が邦家の慶事をひらかぬにも限らぬと存じ、本誌紙面をりてその筋の注意をき置く。

     この類の事まだ夥しくあるが、今度はこれで打ち切りとして、もし私人がこの文を読むに起因して大儲けをしたら、お富も三十七まで仲居奉公に飽きてこの上娘が承知せぬというから、なるべく大金をおくって片付けやってくれ。

    また政府が予の発見発言の功を認むるの日が幸いにあったなら、勲章の何のと下さるに及ばず、海外多数の碩学せきがく名士がいつも同情せらるる予の微力を以て老いの既に至れるを知らず、ややもすれば眠食を廃して苦心する研究に大妨碍ぼうがいを加うる和歌山県の官公吏を戒飭かいちょくして、彼輩衣食のために無益の事をしげく興し、あるいは奸民と結託し、あるいは謄記料を撤免してまでも、日本国光の一大要素たる古社神林を棄市凌遅りょうち同然の惨刑に処し、その山を赭にしその海をとうし、世界希覯の多種の貴重生物をして身をかくし胤を留むるに処なからしめて、良好の結果を得たりなど虚偽の報告をたてまつりて揚々たるを厳制されたしともうす。

    もっとも海外に限らず海内かいだいにも多少の同情を寄せらるる人少なからぬが、その多くは官吏で飯の懸念から十分に加勢もしてくれず。かつて大阪府の薄給官吏が血書してこの意を述べ、空しく予の志をあわれむと匿名書を贈られたが最上の出来じゃ。

    また甚だしきは当路にびたり、浅薄なる外来宣教師にねいしたり、予を悪口嘲弄ちょうろうする奴もある。昔織田右馬助おだうまのすけ人のまいないを再三取った時信長が「銭ぐつわはめられたるか右馬助、人畜生とこれをふらむ」と詠み送った。銭勒ぜにぐつわの利かぬような者は難いかな今の世に免れん事をと歎息し、智馬をして空しく無識の販馬商うまうりの鞍下に羸死つかれしせしめぬよう冀望きぼうを述べてこの章を終結する。

    back next


    「馬に関する民俗と伝説」は『十二支考〈上〉』 (岩波文庫)に所収




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano