ウォレス


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Wallace, Alfred Russel)

    アルフレッド・ラッセル・ウォレス(1823年〜1913年)。イギリスの生物学者。
    南米やマレー諸島などを生物研究旅行中に自然選択説に到達し、論文をダーウィンに送った。このことをきっかけに両者の論文は1858年に学会で発表され、ダーウィンとウォレスは自然選択説の共同発見者となった。
    晩年は心霊術などに興味をもった。



    ウォレス

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳17)
    ウォレス氏(ダーウィンと同日に自然淘汰説を出した人、現存)がいうには、今日斬新斬新という技巧の発明も、漸次、旧に依って改良の余りに出たものでないものはひとつもない、と。この人は世にいわゆる大斬新の自然淘汰説を出し、諸学問に大影響を及ぼした人である。それなのに、みずから述べることはこのようである。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano