南方熊楠の人名事典:津田三郎


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 津田三郎(つだ さぶろう)

    津田三郎(1857年〜1901年)。海軍軍人。紀州出身。和歌山学生会の特別会員。富士艦乗組士官のなかでは南方熊楠(1867年~1941年)の旧知。

    後に海軍大佐。ベルリン駐在日本公使館付武官として在任中に病死。



    津田三郎

    南方熊楠の手紙:山男について、神社合祀反対運動の開始、その他(口語訳4)
    このウッド氏の書はなかなか流行ったもので、普通に行われるのは3冊である。 小生はかつて購入し、故津田三郎氏に贈ったことがある(海軍大佐。紀州人のことなので、遺族の家、木下友三郎君が存知であろう。尋ねたら、その書があるであろう。また東京図書館などにもこの書はあるであろう。ドイツで明治34年ごろ物故。この人の兄真一郎氏は、竹橋一件のとき王子の火薬庫を奪いに行った咎で免職、いま北海道にいる。その真一郎氏の子は、故佐伯誾氏〔海軍大佐、日露戦争で戦死〕の嗣子である)。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano