鳥尾小弥太


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 鳥尾小弥太(とりお こやた)

    鳥尾小弥太(1848年〜1905年)。明治期の陸軍軍人・政治家。号は得庵居士。
    元老院議官や貴族院議員などを務めました。
    晩年には参禅生活に入りました。



    鳥尾得庵

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳14)
    あり合わせた紙に書き付けて彼女の第四兄に渡し、まず長兄の霊前に行って供えさせた。それからその宅に行き、一緒に写真撮影。この写真は小笠原誉至夫(よしお)氏(現存する小生の最旧友のひとり。かつて国会へ馬糞を投げたり、鳥尾得庵を殴りに行ったり、相場師になったり、いろいろと変わって今も和歌山で健在)が一昨年、御臨幸の前に『大阪毎日』紙へ出し、まことに立派な一族団らんであると世評があった。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano