田中祐吉


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 田中祐吉(たなか すけきち)

    田中祐吉(1874年〜1944年)は、日本の医学博士。号は香涯(こうがい)。
    日露戦争では軍医中尉。戦後は大阪府高等医学校教授。
    1910年(明治43年)にドイツ留学。

    1923年(大正12年)以降、雑誌『変態性欲』を主幹。

    雑誌『変態性欲』には南方熊楠(1867年~1941年)も寄稿しています。    



    田中祐吉

    南方熊楠の随筆:千里眼(口語訳1)
    1月30日の『大阪毎日』に、在ドイツ田中祐吉君の「欧州千里眼」という1編がある。氏は、これまで科学者の1人にして唯物論を主張したが、欧米諸家の書を読み、種々不可思議な現象を承認し、唯物論の信仰を放擲する、といわれる。今日の科学では十分説明のできないことが多いのは、予も熟知するところで、唯物論ばかりで宇宙の事情を解くことができないことも、また認めるが、千里眼ほどのことで、宇宙広大無辺の霊妙力などを引き言するのもいかがかと、他に多少の科学的解説は必ずあるだろうと思う。




     




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano