荘子


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 荘子(そうし)

     荘子(そうし)は中国古代の思想家。
      『老子』と並んで老荘思想の根本テキストとされる『荘子(そうじ)』の著者とされます。

     老荘思想が道教に取り入られると、荘子は道教の祖として尊崇され、神格化されました。



    荘子

    南方熊楠の随筆:十二支考 蛇に関する民俗と伝説(その17)
    ただしかかる現象を実地について研究するに、細心の上に細心なる用意を要するは言うまでもないが、人の心を以て畜生の心を測るのやすからぬは、荘子と恵子が馬をての問答にもいえる通りで、正しく判断してるはすこぶる難い。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano