頼山陽


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 頼山陽(らい さんよう)

    頼山陽(1780年〜1832年)。江戸時代後期の歴史家、漢詩人、文人。
    代表作『日本外史』は幕末の尊皇攘夷運動に大きな影響を与え、『日本政記』は伊藤博文や近藤勇の愛読書でした。



    頼山陽

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳1)
    細川政元のこと、小生から申し上げる前にお気づきになり『大心院記』をご覧なされたとのこと。この政元が弑せられたことは、小生らが幼年のころ(明治10年ごろ)誰も彼もが読んでいた頼山陽の『日本外史』にも出ている。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano