小川定明


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 小川定明(おがわ さだあき)

    明治期に活躍した新聞記者。日本三大奇人のひとり。南方熊楠、宮武外骨と並んで「3奇才、3奇人」と謳われました。

    日清戦争、米西戦争、北清事変、日露戦争に従軍記者として取材し、スクープを連発して注目を浴びます。
    その後、50代半ばで旅館勤め、そののち小樽の孤児院の用務員に。

    市井に埋もれたためか、 日本三大奇人中もっとも影が薄くなったようです。私も、南方熊楠と宮武外骨の名は知っていましたが、小川定明の名は、南方熊楠の履歴書を読むまで知りませんでした。



    小川定明

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳1)
    大庭柯古が6年ばかり前、『日本及び日本人』に書いたものには、宮武外骨と故小川定明と小生を大正の三奇才兼三奇人とあったと覚えています。




     




     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano