乃木希典


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 乃木希典(のぎ まれすけ)

    乃木希典(1849〜1912)。軍人。
    陸軍大将従二位勲一等功一級伯爵。
    東郷平八郎とともに日露戦争の英雄とされ、「聖将」と呼ばれました。
    明治天皇からの信望が厚く、裕仁親王(後の昭和天皇)の教育係として学習院院長に命じられ、第10代学習院院長に就任。裕仁親王を厳しくしつけます。
    1912年9月13日、明治天皇大葬の夕に、妻とともに自刃、殉死。



    乃木将軍

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳7)
    さて、西洋はなにか手を動かすと、発作狂として処分するのが常である(乃木将軍までも洋人はみな発狂して自殺したと思う)。日本人が人を打つにはよくよく思慮して後に声をかけて打つので決して発狂してのことではない。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano