丹羽長重


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 丹羽長重(にわ ながしげ)

    丹羽長重は、安土桃山時代の武将・大名。江戸時代前期の外様大名。
    関ヶ原の戦いで西軍に与したため、戦後に一旦改易となりますが、その後、大名に復帰し、大坂冬の陣、夏の陣では徳川方として参戦。
    晩年は、第2代将軍・徳川秀忠や第3代将軍・徳川家光の御伽衆筆頭として重用されました。



    丹羽長重

    南方熊楠の手紙:浄愛と不浄愛,粘菌の生態,幻像,その他(口語訳1)
    徳川秀忠が若いとき、どこまでも変わるまいとの契約をしたのを重んじて、関ヶ原の戦い後零落していた丹羽長重を復封させ、直江兼続が最後まで上杉景勝に忠を尽くしたように、今日のようなつきあい、奉公ぶりという程度のことでは決してないと存じます






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano