毛利清雅


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 毛利清雅(もうり せいが)

    毛利清雅(1871年〜1938年)。高山寺住職、「牟婁新報」社主。
    「牟婁新報」を創刊し、地域のために筆を振るい、政界にも進出。田辺町会議員、 和歌山県会議員を務めました。
    南方熊楠(1867年~1941年)の盟友。



    毛利清雅

    南方熊楠の手紙:フィラデルフィアの顕微鏡(口語訳4)
    こんな騒動で毛利氏も和歌山市まで帰っているけれど,今だ当地へ帰ってこない。新聞社の職工6名がストライキを起こし、数日前騒動、ようやく2名帰ってきて、昨夜出すべき新報を今夜配達したようなことである。

    南方熊楠の手紙:神社合祀反対運動の終結、その他(口語訳2)
    ゆえに今後は県下で合祀反対の大将は毛利氏で、 諸市町郡の新聞記者、政治家がこれに同意し、中村代議士も今月中には帰県し、相変わらず議論を続けることと存じます。

    南方熊楠の手紙:神社合祀反対運動の終結、その他(口語訳2)
    毛利氏は県会議員になり、ただ今和歌山にいて、なかなかの勢いで、第一に議員及び官吏の旅行手当を削減し、次に大水の防ぎに県有林というものを諸郡の水源近くに設け、濫伐を防ぐ議案を通過させました。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano