メンデル


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • グレゴール・ヨハン・メンデル(Mendel, Gregor Johann)

    グレゴール・ヨハン・メンデル(1822年〜1884年)。オーストリア ブリュン(現在のチェコ ブルノ)の司祭。
    植物学研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見しましたが、生前は認められませんでした。
    死後十数年後に研究成果が認められ、現在では遺伝学の祖とされます。



    メンデル

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳35)
    学問する者は愚人に知られないといって気に病むようでは学問は大成しないといって、貧弱な村に一生いて小学校の代用教師などをした天主僧メンデルは、心静かに遺伝の研究をしていわゆるメンデルの法則を確定したが、生涯誰ひとりその名さえ知らず、死後数年して急にダーウィン以後の有力な学者と認められた。人が知る知らないを気兼ねしては学問は大成しない






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano