小式部内侍


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 小式部内侍(こしきぶ の ないし)

    小式部内侍(999年〜1025年)。平安時代の女流歌人。
    父は橘道貞、母は和泉式部
    『小倉百人一首』60番の「大江山いく野の道の遠ければ まだふみもみず天の橋立」の作者。



    小式部内侍

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳1)
    むかし小式部が住吉の浜で、波の上に鳥がいるのをよめと母和泉式部に言われて、「千早振る」と言ったので、波に千早振るとはいかがと人々はあきれたが、続けてそのまま「千早振る神のゐがきにあらねども波の上にも鳥居立つとは」の名吟があったとか。お倉の名の倉と滝とは少しも釣り合わないものなのに、よくも詠んだと感心いたすのだ。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano