細井平洲


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 細井平洲(ほそい へいしゅう)

    細井平洲(1728年〜1801年)は、江戸時代の儒学者。
    平洲は号であり、名は徳民、字は世馨。
    尾張国知多郡平島村(現・愛知県東海市)出身。
    江戸で嚶鳴館 (おうめいかん)という塾を開き、武士や町民、農民にも学問を広めた。

    上杉鷹山の師。山形県米沢市の松岬神社には、上杉鷹山と共に細井平洲が祀られている。



    細井平洲

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳16)
    昔も尾張の細井平洲は四方に遊学したが、法螺だらけの未熟な教師に就いたところで、さして利益がないと悟って、書籍を多く買い馬に負わせて帰り、それで自修してついに大学者となったと申す。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano