帆足万里


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • 帆足万里(ほあし ばんり)

    帆足万里(1778年〜1852年)。江戸時代後期の儒学者・経世家。
    万里の著書『窮理通(きゅうりつう)』は日本における自然科学史に画期的な文献。



    帆足万里

    南方熊楠の手紙:"南方マンダラ",「不思議」について,その他(口語訳6)
    帆足万里も、「『源氏物語』には、淫らなことを教える言葉でないものはひとつとしてない。父帝の后と通じ、人の妻と通じ、はなはだしいものは、自分の生んだ子が成長したのに懸想する。しかしながら、その間優長和悠の体があることは、大いに人々の心を通わす器である」と言った。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano