コロンブス


注目すべき人物

  • 菊池大麓
  • 木村駿吉
  • 田中長三郎
  • 徳川頼倫
  • 孫文
  • オステン=サッケン
  • カルキンス
  • スウィングル
  • ディキンズ
  • フランクス
  • モリスン
  • リード
  • コロンブス(Colombo, Cristoforo)

    クリストファー・コロンブス(1451年頃 〜1506年)。イタリアの探検家・航海者・商人。アメリカ海域へ到達した最初のイタリア人。



    コロンブス

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳31)
    今の医学者など、梅毒はコロンブスのとき米国より水夫が伝染して世界に広まったと心得る輩が多い。それが慶長、元和の頃、唐瘡(とうかさ)といって本邦に渡り、結城秀康、黒田如水、浅野幸長、本多正信など、みなこのために没したと申す。

    南方熊楠の手紙:履歴書(口語訳31)
    1882年にドイツのロセンバウムが『淫毒病史』を出す。これは、梅毒がコロンブス以前からあった証拠をヘブリウ、ギリシア、ローマ以下の書物よりおびただしく挙げた大著述である。

    南方熊楠の随筆:十二支考 馬に関する民俗と伝説(その21)
    例せばインドのギルハ鬼は水に住み人形無頭で、アーヴィングの『コロンブス伝』に頭なき幽霊騎馬した記事あり。以前四月二十四日の夜、福井市内に柴田勢の亡魂の行列あり、その大将騎馬にて首がなかった(『郷土研究』二巻九号、寺門氏報)。それから笠井氏の報告で名高くなった阿波の首なし馬の伝説があって、盗人に首をねられた馬の幽霊だ。






     南方熊楠の主要著作  おすすめ南方熊楠関連本


    @mikumano